この2〜3年の間多くの人がパソコンを使うようになったこともあって

麻酔や大量の出血への恐怖、リハビリ期間の長さや予想できる後遺症といった、旧来の手術への不安の種をスッキリと解決したのが、レーザー光線を使ったPLDDという施術法による椎間板ヘルニアの治療です。 保存的加療というものは、身 … [Read more…]

ミルクセラミドというものは

角質層のセラミドが少なくなっているような肌は、もともと持っているバリア機能がかなり弱まってしまうので、肌の外部からの刺激を防ぐことができず、乾燥するとか肌が荒れやすいという大変な状態になってしまいます。 ひどくくすんだ肌 … [Read more…]