頚椎ヘルニアの治療の中の1つとしての保存的療法というものには

深刻な坐骨神経痛を発生させている原因となるものの治療を目的として、細かい問診と「筋肉疲労・関節のゆがみ」を最低でも10分以上かけて丁寧にチェックし、痛みやしびれの症状の原因と思われるものが何であるかを突き止めます。 頚椎 … [Read more…]