真皮という場所にあるコラーゲンが減少するとシワが生まれてしまうのですが

ムコ多糖類に類別されるコンドロイチンの一部分を占める成分がグルコサミンであり、原則的には、このムコ多糖類が皮膚の組織だったり関節の弾力性を保持し、潤いを保つ役割をしていることが証明されているのです。 EPAを身体内に摂り … [Read more…]